大人の挑戦|人気の宅建は通信講座で習え!

自宅学習で資格を取得

勉強

人気第1位の国家資格

宅建は宅地建物取引業、つまり一般に言う不動産仲介業において必須となっている国家資格です。事業者にあっては、それぞれの事務所ごとに従業員のうち5人に1人は有資格者を置いていなければならないとされています。また、不動産取引に関する知識は、銀行の融資部門や一般企業の管財部門などでも重宝されます。こうしたことから、宅建は就職・転職に強い資格として人気があります。大学生が学業のかたわら、あるいは社会人が仕事との両立を図りながら宅建合格のための受験勉強をするには、通信講座が便利です。自分なりのペースで勉強できるので、無理なく学習が進められます。宅建受験者向けの通信講座は非常に数が多く、カリキュラムも千差万別です。請求すれば無料で資料を送ってくれるところも多く、インターネット上には比較サイトなどもあるので、できるだけ情報を集めて自分に合ったところを選ぶようにします。通信講座には大きく分けてテキストのみのものと、CDやDVD、ウェブ動画などで音声や映像による講義が受けられるものとの2種類があります。前者は費用が安く、移動中などのちょっとした空き時間にも勉強できるという特徴があります。一方、後者の場合は視覚や聴覚を通すことで内容がより頭に入りやすくなるというメリットがあります。また、ネット上での口コミによる評価も参考になります。評判の良いところはやはり合格率の高さという形で数字に表れています。また、合格者には学費の一部を返金する制度を設けている通信講座は、経済面におけるメリットからやはり評判が高くなっています。